河内長野市 千代田駅前の耳鼻咽喉科 佐野耳鼻咽喉科
ホーム > 医療設備
ホーム院長紹介診療案内医療設備診療予約耳鼻科の病気アクセス
1) デジタルレントゲン
耳鼻咽喉科では、主に、蓄膿症などがないかの診断に
撮影します。今まではフィルムのレントゲンでした。
今回はコンピュータ処理による、デジタルレントゲンを
導入しました。
今まで5分近くかかっていた現像が数秒で終わり、
お待たせしません。
画像もはっきりきれいです。

  2) 電子ファイバー(耳鼻咽喉ビデオスコープ) 
鼻の中や咽喉部に異常がないかを詳しく調べます。
今までもテレビモニターに映して説明してきましたが、
この度最新の電子内視鏡を導入しました。
映像系の機器は進歩が速く、これまでのものよりも
はっきりと見えます。
何より診察しやすいです。
当院では、この電子内視鏡の他に、耳専門の内視鏡、
処置もできる内視鏡をそろえており、それぞれすべてが
モニターに映し出されます。
今、自分の体がどうなっているのか、どのように
なってきているのか、目で見て理解した方が
納得して頂けると考えています。 

 3) モニターシステム  
 外耳道や鼓膜の状態、鼻の中の状態等をモニターに
映し出して診断いたします。
今後、映し出すだけではなく、コンピュータに画像を
記録して、経過を見れるようにする予定です。

   4) 聴力検査
 防音の検査室に入って頂き、聞こえ方の検査を致します。
この度、防音室を広く大きなものに変更しました。
車いすの方も入れます。
少々時間のかかる検査です。狭い場所より少しでも
広い方が疲れも少なくなります。
通常は単純な音の聞こえ方の検査だけですが、
当院では言葉の聞こえ方の検査も行えます。
お気楽にご相談下さい。

 5) ティンパノメトリー  
  鼓膜が正しく働いているかを調べる検査です。
主に中耳炎などの確認に使用します。

  6) 鼻腔通気度計
  「お鼻が詰まっているなぁ」と思ったことはありませんか?
だけど、「詰まっている感じ」ってなかなか説明しにくい
ものです。人それぞれの感じ方が異なります。
そこで鼻の通り易さを測定して、グラフや数字で判断する
ための装置がこれです。

 7) 電気味覚計  
 「最近、味の感じ方が変。舌がおかしいかな?」
と感じされている方、一度相談してみて下さい。
味覚の感度を測定します。
電気的に舌を刺激して調べます。ちょっとピリピリします。
けど痛みを伴う検査ではありませんのでご安心ください。

   8) 携帯用睡眠時無呼吸検査装置
 「いびきがひどい」「寝ていても疲れがとれない。」
検査機器をご自宅に持って帰って頂いて検査します。
無呼吸の回数やいびきの状態などを調べ治療が
必要かどうかを判断いたします。

 9) 赤外線目振検査モニター装置  
めまいの時に眼振(がんしん)といって、眼球が規則的に
動く時があります。眼振が出ていないかをモニターに
映して観察します。

  10) エコー検査
超音波を対象物にあてて、その反射を利用して検査
します。耳鼻科では主に甲状腺の検査に用います。
甲状腺の大きさ、腫瘍の有無、内部の状態などを
知るのに有用です。
 
 Copyright (C) 2010 Passo Inc, All Right Reserved.